費用・手数料がどれほどかかるか

決済代行会社を利用する際の手数料について

決済代行を請け負っている会社のサービスには様々な種類があります。そしてその費用や手数料も各サービスによって異なります。こちらでは、決済代行サービスの導入を考えていらっしゃる方のために、決済代行の内容別に平均的な費用相場と、費用の内訳などについてご説明したいと思います。

決済代行の費用は、大きく分けて三つあり、初期費用と月額手数料、そして、決済手数料です。

初期費用は、最初に決済代行会社のシステムを導入する際の費用です。決済代行システムを導入することで、お客様が支払い時に、支払方法を選択出来るようになり、手数料の支払いも一本化することが出来ます。月額手数料は、システムの利用料です。決済手数料は、決済1件毎に発生する料金です。最近では、決済代行会社が増えたこともあり、初期費用や月額手数料を取らない決済代行会社も増えてきています。

実際にどれくらいの料金がかかるのか?

では、実際にどれくらいの費用がかかるのか、平均的な価格帯をご紹介しますと、初期費用は3万円から10万円程度です。次に、月額手数料の平均的な価格帯は3,000円から8,000円、5,000円前後が相場です。初期費用と月額手数料をとらない決済代行会社もありますので、色々と比較検討してみることが必要です。最後に、決済手数料についてですが、決済1件毎にかかってくる費用です。決済金額と支払い方法に応じて、個別の手数料率が設定されています。

例えば、クレジットカードで決済する場合、平均的な手数料率は決済金額の3%から10%前後となっています。契約者の規模(企業や個人商店など)契約者の規模や取り扱っている商品によって料率が異なり、支払いが滞るリスクが高い商品やサービスほど、料率は高く設定されています。